2006年9月29日 (金)

今日の午後、我が家では、トリートメントの実技テスト。

SAYAKAさんがモデルとなり、サッチャンが施術者です。

YUKAちゃんは見学。ノートを用意しています。

私は、PCに向かい、文章を作っていました。

カウンセリングが始まり、SAYAKAさんは、芝居ッ気なく、自分の状態を話しています。
これは、本当にトリートメントを望んでいるんだな。

サッチャンが選んだ精油は、ユーカリ・ラディアータ、サイプレス、ゼラニウム、クラリセージ。
うん?これからヨガのレッスンがあるからネェ、ちょっと鎮静効果が強く出ないかな??

横から、ダメだし。
「クラリセージは、この時間にどうだろうか?それにこれからレッスンだよ。移動は車だし、眠たくなっちゃったらどうする?ちょっとかえてみたらどうかな?」

クラリセージをマージョラムに変えましたが、あなたならどの精油?

YUKAちゃんならどうするかな??

トリートメントが始まりました。

初めて経験しますが、キーを打っていて、トリートメントの音で(ストローク)、

「サッチャン、アブラが少ないんじゃない?シャリシャリ聞こえるよ。」
と、SAYAKAさんも、
「そうだね、もっとたっぷり取った方がいいよ。」

「サッチャン、手のひらもっと密着させて。」

なんて、音で分かるんだね。

それほど気温の高くない午後でしたが、サッチャンは、私という外野からの”ヤジ”もあり、汗びっしょり。

お疲れ様でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木)

TARO君

雨の降り始めた17号線をチャリンコで走っていました。
向こうから、変な格好のヤツが、のっしのっし・・・(ベタだなぁ)と歩いてきます。
大柄な男、鬚面、変な合羽(黄色とグレーと銀)めったに見れるもんじゃありません。

ずーっと近づいてみると・・・・!!
「オー、TAROちゃん!」
「オー、マサトサン!」

コブシをコツンとぶつけあいます。
鬚面のゴツイこの男、笑うと可愛いハワイアン。牧師さんです。よく私のエアロに出てくれていました。
のっしのっしと歩いているには訳があります。TAROちゃん、足が太くって、外また。鼻先に足を出していたら、股ずれしちゃいます。(失礼!)

手ごわいヤツで、コイツの家に一歩は入ったが最後、決して日本語は話させません。どんなにチャランポランになっても。英語じゃないといけないのです。(例外は、トリートメントの時だけ。)
そして、英語を考えさせるの。(まるで、反省会の雰囲気)

「久しぶりだね。何やってんの?」
「歩いてんの。」
そりゃ、見れば分かるってーの・・・・
TAROちゃん、すごい大柄です(太っているんです。)とにかく毎日歩くって決めていたのは知っていましたが、この天気にもやってるなんて、たいしたもんです。

太さは変わりないように見えるのですが、体調はすこぶる良いみたい。
まだ、小学校(インターナショナル・スクール)に行っている、ERIKAちゃんがいますから、健康にはずいぶん気をつけているのです。

別所沼公園を歩いているときも声をかけたことがありました。あの時は冬の寒いお昼時。ホントに頑張ってるんだ・・・

「TAROちゃん、凄い合羽じゃない。」
「うん、ボク大きいから、日本で合うのが無いでしょ。カリフォルニア行ったとき買ってきたんだ。」
「色がダサい!ちっともクールじゃない!」
「言ってくれるやおまへんか。奥さん元気?えーっとSAYA--KA。」
どうも英語を話すクニの人って、サヤカって発音しにくいらしく、SAYA--KAとか、SAYAIKAみたいな音が出てくる。

「うん、元気。NORIKOさんは?」
「ああ、元気、今度また来てよ。」
「行くよ。だけどご飯の前のお祈りはカンベンして。」
「だめだめ、来たらMASATOさんがするの!電話してよ。」
「分かった。『日曜はダメよ!』でしょ!」
「ハッ、ハッ、ハッ、そうそう、土曜は準備、日曜は一番忙しい!」
「じゃぁ、オレ行くよ。これからアクアなんだ。」
「じゃぁね。」

怒鳴りつけるような大声での会話でした。

なぜか日本が好きなTAROちゃん。
ハワイに帰ると、顔の赤みが取れてきれいになっちゃうらしい。浦和あたりの空気もよっぽど汚れてるんだろうな。

一人でチャリンコ漕ぎながら、なぜか笑みがこぼれてしまいます。
アイツ、ホントにいいヤツだよな!
今日は一日、このいい感触を忘れないで過ごしたい!

TARAOちゃん、Thank you!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年9月23日 (土)

上部頚椎調整法

「上部頚椎調整法」ってのを受けてきました。
川口駅から、それほど遠くはない所でしたが、ちょっとばかし分かりにくくて、電話で何回か案内をしてもらって、何とかたどり着いたのです。

問診の後、この調整法の説明を受て、最初にマッサージチェア。最新のメディカル・チェアってヤツですね。馬鹿にしたもんじゃありませんが、手技を期待していたので、少しがっかり。
でも、これは単に背中・腰などを軽くほぐすだけでした。

20分くらいで、マッサージチェアが終わると、触診用のベットに移ります。
名前からして分かるように、第一頚椎・第二頚椎の調整です。
(ちなみに、第一頚椎を『アトラス』、第二頚椎を『アッキス』といいます。素敵な名前ですよね。環椎、軸椎ともいうようです。)

御存知のように脊椎はとんでもない数の神経が通っています。脊椎の中では、第一頚椎と第二頚椎の運動量が大きく、この二つの頚椎の歪みを整えると、神経の圧迫が開放され、体全体の不具合が改善される・・という理屈です。

首筋を触診される、そのタッチが心地よいのですが、右の首筋がひどく痛みます。吐き気を感じるほどの痛さ。(でも、このタッチは頂きたい!)

施術者によると、私のアトラスとアッキスは右に傾いているそうです。

今度は、施術用のベットに移ります。
このベットは、幅が狭く、頭の高さを微妙に調整できます。そこに、左体側を下にして横たわります。体の確度と頭の高さを調整し、右の首筋に圧をかけます。
圧をかけながら、頭の高さを調整し、”カツン”っていう感じのショックを与えたり、緩めたり・・・呼吸と圧のタイミングを取ったり・・・

この治療も20分くらいで終わりましたが、これで終わりじゃなくて、ゆったり出来る一人掛けのソファで休憩です。
波の音が低く流れ、灯かりも落としてある別室です。

体が重たく感じてきます。意識はあるのですが、眠りとの狭間にいる心地よさ・・・・

何人かの人が治療を受けている音や気配は感じます。
気になるような、どうでもいいような・・・・

施術者が私に声をかけて、首筋を触診します。
治療中よりも、はるかに痛みは小さくなっていますが、まだシコリと痛さが・・・

第一頚椎は動いたようですが、第二頚椎が動いていないとのコトです。
入れていただいたお茶を飲みながら説明と注意を聞くと、

「今夜は頭を洗っちゃいけません。お酒もダメ。出来るだけ、穏やかに過ごすこと。出来れば翌日もゆったり過ごしてください。」

休みがめったに取れない私としては、計画的に休みを作って治療に行かなくては・・・
と、私はこの治療をちょっと続けてみる気になっています。

次回の予約を決めることが出来ないので、予定を作り次第の連絡ということになりました。
そして、右の首筋には、やや重い痛さが・・・

明日は、アクアにボディ・コンディショニング・・・ちょっとカンベンしてもらいたいプログラムです。

| | コメント (10) | トラックバック (12)

ほぐしてもらいました。

家のすぐ横手の遊歩道は、金木犀が香ります。

最初は花に気がつきません。
ただ、オレンジのような香りが、風に乗って、うっすらと漂うのに、
「あれ、もう金木犀の時期?」なんて、思うのですが、こんもりと剪定されたその木に、橙色の粉を吹きかけたような花が、少しずつ、濃い緑の葉を侵食していくように見えます。
しばらくは、この香りを楽しめそうですね。

どうもこのところ、膝の調子が今ひとつ。アクアのレッスンは、ちょっとしんどいです。
膝をかばうせいか、腰・大腿部に疲労を強く感じます。

踊っていた昔から、腰を痛めたことは無いのですが、今日の疲労感は、”重・ダルイ”・・・分かります?この感じ。

アクアのクラスの後には、アロマセラピー教室への参加者のうち、2名が、トリートメントのテストをしたのです。

私も、ジャッジで入ったわけですが、モデル役で来てくれたERIちゃんも、我が家のピラティスの参加者ですので、当然のように、お互いに面識があります。
これがちょっと良くなかったカナ。緊張感が無いですね。~~ゴッコになってしまいました。反省です。

アロマセラピーを楽しむのなら、ゴッコでいいのです。
でも、お客様から、お金を頂き、トリートメントなり、精油の使い方なりを案内していく人に成ろうとするなら、知識・技術も多少は抜きん出なくてはね。

それに、アロマセラピーを御案内していくと、すぐに気がつきます。
「アロマセラピーだけじゃダメじゃん!」

そう。ハーブや食・栄養、運動、体の機能的なこと、生理的なこと、精神的なこと、それにホームケアとかまで・・・とにかく色々、色々。

で、尚且つ、スペシャリスト、あるいは、エキスパートを目指さないといけません。
というか、興味が尽きない仕事ですね。

逆を行くと、教えてもらったこと以外の興味が湧かないとしたら、それは、この手の仕事には向いていないのでしょうね。(勉強中の人にはキツイかな?でも、そうなんだ。)

私は、我が家で勉強する人たちには、
『自分でアロマセラピーを考えることが出来る人。』
に、なってもらいたい。

だからかな、私の話は、アチコチに話題が飛んで、どんどんとりとめがなくなっちゃうんです。(テキストからも離れていって・・・アララ・・・)

夕方、遅くなってから、KUNIチャンが来ました。
オーダーしていた精油を取りに来たのです。
私は、夕飯の支度の真っ最中。

精油を渡し、料理をしながらKUNIチャンと話をしていましたが、姿勢を変えるたびに、
「ウー、痛てぇ・・・」 そして、腰をこぶしでドンドン。

それを見ていたKUNIチャン。何回目かには、
「マサト先生、ちょっと寝てみてください。」

いつもなら、
「いいよ、いいよ、大丈夫。」って、軽く断るのですが、今日は、この言葉に甘えることにした!

「悪いね、お願い。ヨガマット敷くよ。」
って、マットにうつ伏せになります。

KUNIチャンは、ちょっと私の身体に触っただけで、
「なんですかこれ!バリバリですよ。」
軽いタッチで触っているはずなのに、うめき声がもれるほど、痛い!

KUNIチャンは競技(レスリング)の現役時代、そして今も、選手の体のメンテナンスで、お互いにマッサージをしたりしていましたから、スゴク身体を知っています。

痛いんだけど、ほぐれていくのが分かる。
極めつけは、最後にやってもらった、ストレッチ。
最初は、PNFかな?って思ったのですが、すごく工夫されていて、気持ちよく伸びる!!
ハムストリングや大殿筋、中殿筋が伸ばされているけれど、同時に腰(胸腰筋幕あたり)も伸びていくのが分かります。

痛気持ちよく、ニンマリしてしまうくらいです。
ちょっと、この”技”は、頂きたいものです。

そんなこんなで、今夜のエアロも無事に終了。
ああ~、寝る前に、もう一度お願いしたいよー!

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年9月21日 (木)

政変

日本じゃ、自民党総裁に若きリーダーが選ばれました。
この人が、総理大臣になるわけですが、大多数の人は、「総理大臣を私達が選んだ」なんて感覚はもてないでしょうね。
自民党の総裁=総理大臣。
自民党の総裁選への選挙権を持つ人は、国民の何パーセントくらいなのでしょう?

さぁ、この国の向かう方向は??

そして、タイではクーデター!
このニュースを聞いて、すぐにHさんへメールを入れました。
Hさんは、チェンマイに隠れ家を持っています。タイへの想いは強いはず。それにタイの情報もきっとパイプを持っていることでしょう。

心配色になったメールに対する返信は、以外に軽く、「ほのぼのクーデター」なんて言葉がちょっとニンマリできます。

それでも、深夜のニュースでは、やはりクーデターって大事だ!って雰囲気のニュースです。報道番組が伝える真実って、なんなんだろう。ドラマチックじゃなきゃニュースにならないのかな?

oOoOoOoOo

今夜は東長崎のクラブで、ピラティスのクラス。
初めてピラティスに参加した、という方から、こんな質問が出ました。

「お腹を小さくするって感じが分からないのですが?」

おー!聞いていてくれたんですね。私の説明!!

さて、エアロビクスやダンス系のインストラクターは、よくレッスン中に「お腹を引き上げて!」って言うでしょ。この言葉の感覚わかりますか?

バレエでもモダンでも、ジャズでも、どんなレッスンでも言われます。そして私も言ってきました。
"Pull up!"とか、"Pull in!"とかも散々いわれてきました。
要は、お腹を薄く、タイトにしめて、しめた分のパワーの方向性を縦方向に強く意識するのですが・・・

インストラクターによって、自分の感覚での言葉を探ります。
クラスを受けるメンバーに、分かりやすく、直截な言葉を探るのです。

そして、このようなニュアンスを伝える私の言葉が、
「お腹を小さくして!」・・・なのです。

実は、この言葉は、私のオリジナルじゃぁありません。
もう、お名前は忘れてしまいましたが、谷桃子先生の御弟子さんだったかと思いますが、私が現役のダンサーとして、色々なレッスンを受けていたときの、基礎的なバレエのクラスでインストラクターをしていた方の言葉です。

これを聞いたときは、ピンピン!そうだよね!って、背筋に電気が走るような衝撃がありました。そうそう、お腹は薄くするだけじゃなくて、サイドも引き締めなくては!!そして、小さく意識したら、パワーを真ん中に集め、末端からは力を抜いてコントロールする!!

物足りなく感じるくらい、動きが小さく感じていて、力も抜けすぎているくらいだけれど、第三者から見ると、いい動きになっているのです。

でもこの感覚って、
「おっ、これだ!★」って思っても、次の日になると、どこかに行っちゃっています。また探すのです。それの連続!

インストラクターは、このような、体感に基づく、「ピカ!」って言葉をいくつかは持っているのです。
また、このような感性が無いヤツは、ろくなインストラクターじゃありませんよ。お気をつけて!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

代行です。

今夜は、登録している派遣会社からの依頼で、日吉のクラブでエアロビクスの代行です。
遠いんですよね。武蔵浦和からだと、たっぷり1時間30分はみないと・・・いえいえ、日吉の駅の近くならいいのですが、駅から徒歩12分ってところかな??

8月中に、エアロビクスとピラティスでも行きましたね。そうだ!ブログにも載せたっけ!
そう、そのクラブです。

本当は、今回の代行について話があったときに、断るつもりだったのです。時間効率が悪すぎますもの。

ほら、インストラクターって商売は、”一本いくら”でしょ。だから、一時間当たりの単価は高く感じられるかもしれません(普通のバイトよりはってこと)
ですが、準備にかかる時間は、まったく加味されませんし、一日に何本も出来る仕事じゃございません。

愚痴でした・・・

とにかく、私はカートを引いて、日吉の駅を出て、クラブに行ったのです。
また、このクラブのスタッフが、遠いトコから代行に来たというのに、感謝も何も無いんだよね。まぁ、そんなもんか・・って、でも、派遣会社の話によると、前回の代行で評判が良くて、ぜひ、吉田さんへ・・・って話らしいんですよ。それにしちゃぁ、そっけない対応。

とにかく、着替えてスタジオに入ります。
前のクラスのインストラクターに会釈をして、CDをセット。ピッチ・コントロールを確認。マイクのセットを確認。(ハウリングするなぁ。エコーが効いてるようです。)

「先生!八月一日以来ですね。」って、声を掛けてくれたのは、前回の代行のときに受けてくれていた、年配の男性。
「えー、覚えていてくれたんですか。今日も宜しくお願いします。」

ちょっと嬉しいじゃないですか。
インストラクターなんて、こんなことで喜んじゃうんですから、ちょっとくすぐって持ち上げリャ、簡単。すぐ張り切っちゃう。(これは吉田だけかもね。)

まぁ、ダンスティックな振りにして、楽しんでもらいました。

日吉駅に向かう道は、来たときとは逆に上り坂。。。。
車の通行料が多いから、ガス臭い!空気悪いなぁ。
運動しても、こんな空気の中に暮していては、低濃度ガス室といっても、あながち間違いじゃないよね。

空気・水・土・・・重要だと思いますよ。これらが綺麗じゃないとね。インストラクターが頑張ったって、元の木阿弥。

武蔵浦和は、少しマシかな??
自宅近くの遊歩道を歩きながら、空を見上げます。昨日の台風の雨と風が空気の中の汚れを拭ってくれたのか、いつもより、星の数が多く、ハッキリと見えるような気がします。家を出るときよりも、涼しく爽やかな風が身体をなぶってくれます。

葦の茂る沼。桜並木の遊歩道。
けっこう、いい場所なんじゃない!

| | コメント (12) | トラックバック (12)

2006年9月18日 (月)

予定の無い日!

久しぶりの休み!
軽井沢以来だ!

本当は、SAYAKAさんとデートの予定をしていたのです。
茨城の方へ、美味しい寿司とか、海鮮丼とか、海の幸を楽しみに行こうかって・・・

ところがドライブには向かないこの天気。
時折、雨が強い風と一緒に吹き付けるじゃありませんか。

もう一つの理由は、昨夜の夜更かし。昨夜というより、今朝まででした。
KUNIちゃんとお喋りしていたのですよ。
気づいたら、4時をまわっていました。

昨日から、Jちゃんも来ています。
そうそう、Jちゃんのことは久しぶりに触れましたね。
彼女は、月に1~2回我が家に泊まりに来ます。

もちろん、トリートメントが目的なのですが、今じゃ、一番の目的は、我が家に来ること!それが楽しみになってくれたようです。子供達とはもちろん、私やSAYAKAさんにも、ごくごく普通に触れ合えるようになりましたよ。

Jちゃんのトリートメントについては、秋田のひまわり先生にもアドバイスを頂き、参考にさせてもらっています。

少しですが、改善が見られるようです。
上腕部のケロイドの部分ですが、肌の軟化が認められます。
植皮のために肌を取った、大腿後部も同じように肌が、柔らかくなったようです。
一番の患部、胸部は、Jちゃんが、とんでもないクスグッタガリヤで、SAYAKAさんが、かまえた時点でクスクス笑い出し、身悶えてしまいます。
ですから、この部分は、いつも塗布するだけになるのです。
マッサージオイルのレシピも当初からほとんど変えていませんが、次回から、ミルラの量を少し増やしてみようかと思っています。

使用する精油
ヘリクリサム・イタリック
ラベンダー・アングスティフォーリア
マンダリン
ミルラ
ユーカリ・ラディアータ
ゼラニウム

我が家でのトリートメントの他、来るたびに、マッサージオイルを作って持たせます。
一日おきに塗布をしています。
今後、改善が加速するように、皆さん、いい情報がありましたら、教えてくださいね。

夕方の空は、とんでもなく美しい夕焼け!
オレンジ、紫、ピンク!
そうそう見ることは出来ないような夕焼けでしたね。

ショッピングセンターは何処も混雑が激しく、出るのも入るのも一苦労。
そのショッピングセンターの駐車場を出るときに見た夕焼けでした。

そうなんです。結局、ショッピングセンターのハシゴをしたのです。KUNIちゃんの部屋に欲しい飾り棚を探しているのです。う~ん、なかなかイメージどおりのものが無い。

ついに最後に行ったのは、”花ノ木”という園芸屋さん。
この店は、かなり大きなお店で、もちろん、花やプランター、園芸用品のほかに、インテリアやアロマセラピー関連、ペット用品などもあるのです。

ついに、この店の奥で、ようやくKUNIちゃんのイメージに近いものが見つかりました。が、即買うのはちょっと待つことにして、家に戻ることにしたのです。

車に戻り、キーを差込んでセルを回しますが、情けない音!
シュルシュルルル・・・
「えっ、かからない!」
もう一度。
でも今度は、
カチ!
「エーーー!うごかねぇー!」

オイオイ、たのむよー、車検通したばかりじゃない。
パニックするわけにはいきません。

まずは、いつもお世話になっているガレージ。
「吉田ですが、車止まっちゃったんですよ。多分バッテリーで・・・」
状況を説明しますが、もう整備士はいないようで、引っ張ってもらうことは出来ません。

SAYAKAさんとKUNIちゃんは店の人に状況を説明すると、男性の店員が軽トラックをそばに止め、バッテリーのチャージを試みてくれます。

PIKA!!
そうです、この花ノ木のすぐ側に、修理工場があったはず。

裏手の出口から右側・・・あった!・・閉まってる。
お==電話番号が・・・
「はい。・・・」つながった!!

「お休みのところすみません・・・・・」
無理やり頼み込んで、来てもらいました。

動きましたよ・・・ふーーー!

車を止めると、エンジンも止まってしまいそう。慎重に我が家の側のガレージまで運転。ようやく、たどり着きました。
明日診てもらう車は、もうちょっとだけ頑張ってもらいたい。今までも健気に動いてくれていましたが、もう一年。お願いだから、頑張ってね!

これで、茨城に行っていたら。茨城で止まっちゃったりしたら・・・
やっぱり、ちゃんと守られていますね。
ありがたいことです。感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年9月16日 (土)

盛り沢山

なかなかに忙しかったなぁ。

連休初日の今日、SAKIの体育祭。
私は、お弁当係り。
6:30起床。
中学最後の体育祭ですから、見にはいけなくても、(来なくてイイ、って言われちゃいます。)
友達ときっと食べるお弁当は、美味しく・見た目もちょっとはきれいにしてあげないと・・・

こういうスチュエーションだと、普通に食事を作るよりコトですよ。
まぁ、SAKIが出来上がった”ブツ”を見たときに、
「おっ、美味しそう!」って言いましたから、とりあえず、合格点と理解します。

oOoOoOoOoOo

SAKIを送り出してから、ちょっとだけベットに戻り、横になりますが、ここには思わぬ天敵が・・・

ココです。子猫ですよ。

コイツは、最近、やけに大きくなってきました。

人が起きると、喉をゴロゴロ鳴らして、人の顔に近づくのです。
私は、今でこそ健康・元気で、落ちているものを拾って食べッたって平気です。
しかし、その昔は、小児喘息に気管支炎と、呼吸器の病気をさんざ味わったものですから、この猫のゴロゴロが、やたらと息苦しく、拒否のシャッターが、ジャラジャラ降りるのです。

また、コイツは、顔の近くに居座ると、ちょっとやそっとじゃ、どきゃしません。それでも、追い払い、足元にまで、ヒョイと投げたりしても、何度でも繰り返します。
そして、ついには、腰の辺りから、髪の毛・耳をめがけて、シュンとジャンプ一閃、突っ込んできます。

ついに怒り!!ブン投げてやる。!!
ってころに、SAYAKAさんが、コイツのシェルターになるのです。

寝不足です。

oOoOoOoOoOo

アロマセラピーの講義の後に、巣鴨のKさん宅へ、トリートメントです。

今日の巣鴨はなんでしょう?!
改札を出ると、凄い人!!
土曜の巣鴨はめったに来ませんが、いくらなんでもこんなに人がいるなんて???
でもちょっと違うなぁ?

そうそう、この人の多さに対し、巣鴨にしては、お年寄りの数が少ないですよね。
その代わり、スーツに身を固めた中年くらいの女性が沢山・・・

なるほど、巣鴨には大きな宗教団体の会館があります。きっとそれなのですね。
それにしても、もう少し人が通りやすいように、端にかたまるとか出来ないものでしょうかね。

Kさんのところでは、例によって、お二人連続。今日は、私もレッスンを控えていましたので、休憩無し!!

で、お二人とも、この後の予定は無い・・ということなので、ゆったり出来るような精油を選びました。

セラピストの方でこのブログを読んでいる方いますか?
こんなことありませんか?
時間がたつにしたがい、肘から眠くなってくる・・・・
どよーんと、肘から先が重く・だるく、う~~腕が眠い・・・

オイル、しっかり私も頂いちゃいましたね。

oOoOoOoOoOo

腹減りだし、眠たいし・・・このままエアロに突入は、コクというものでしょう。

国分寺でもクラスですが、少し時間があります。中途半端で、しっかり食べるとクラスが出来ないでしょうし・・・
モスバーガーに入りました。
ここで、ちょっと気がついたことが・・・

狭い一階の禁煙席を取り、カウンターでオーダーをします。セットの中身が分からなくて、店員に聞きます。この店員、なかなかいい対応です。ハキハキして分かりやすい。
そして、オーダーして気がつきました。

オーダーのやり取りの間中、私の目線は、メニューに行っていて、対応してくれた人の顔には行っていないのです。
声の印象がとてもよくて、席についてから、
「えっ、どんな人だっけ?」
そして、愕然。

「さっきのオレって、かなり傲慢で、人間っぽくない。」
いくら、ファーストフード店でも、お客という立場でも、同じサービス業のくくりにいる、いわば仲間に対する態度としては、最低!

いえいえ、仲間とかじゃなくても、お互いに影響をし合うわけですからね。

この人が、私に対し、

「嫌なヤツ。」って思ったら、私の次にオーダーする人へ、クールな当たりになるかもしれない。

私が、気さくに、あるいは普通にしていたら、次の人へ、普通か、ひょっとしたら、いい感じで応対できるかもしれない。

人との受け答えって、それの連続でしょ。


気をつけねばいけませんね。
相手は人です。
心あります。
気持ちのいい対応には、気持ちのいい受け答えをしたいものです。

| | コメント (36) | トラックバック (1)

2006年9月14日 (木)

思わぬ怪我

月曜日に通っているスポーツクラブの階段で、こけてしまった、Nさんがスタジオに来ました。
火曜日でしたか、”お助けメール”が入ってきたのです。
「青タンが出来てしまった!」

どの程度か、見てみないと分からないので、とにかく、鎮痛効果のある、循環を促進する精油を選んで紹介しました。

Nさんは、このブログでも紹介しましたが、ニューヨーク・シティー・マラソンへの出場が決まっていて、レースまで、あと二ヶ月を切ったところです。
当然、トレーニングの組み立ても考えていますから、この時点での怪我は、程度によってはレースをあきらめなくてはいけないかも・・・

スタジオに入ってくる顔を見るなり、「凹んでいる」っていうのが分かります。

「どうなの?具合は・・・どんなふうにやっちゃったの?」

「クラブのジャグジーを出て、急な階段があるんですけれど・・5段くらいなんですよ。危ないなぁ。って思っていたんですけど、タオルで拭きながら降りようとしたら・・」

「こけたの?」

「上から、デンデンデン。って。」

「で、青タンは?」

「右のふくらはぎと、お尻。日増しにひどくなっていくんです。」

今夜は、精油を使うクラスです。精油の効果に期待を掛けるNさんです。

ふくらはぎは、それほどじゃぁありません。でも、お尻のほうは、なかなからしく、自慢しているかのような・・・(失礼)まして、走っていての怪我じゃなく、フーッと気を緩めてもいい場所でのアクシデントです。かえって”シャク”ってもんじゃありませんか!

話をしながら、セルフ・トリートメントを進めるうちに、表情だけは、少し明るくなってきます。ただ、痛みがあることで、今週はトレーニングはすべてダメ!週末もどうなるか・・・
痛みが取れないことには、とても走るなんて出来るわけありません。

「まぁ、ここは居直るしかないよ。休憩だね。普段やらないようなことをして、リラックスすることだ。」って、まるっきり他人事のような、アドバイスにもならないようなことを言っちゃってます。

仕事とトレーニングにほとんどの時間が取られる生活パターンが続いていたのでしょうから、ちょっと彩をそえたら、気分も変わるかも・・・

さて、来週は走れるようになっているでしょうか?

oOoOoOoOoOo

今日、14日は、実家の町の花火大会。
これじゃ、さぞかし寒かろう・・・
秋の空の花火。どんなもんだったでしょうね。
明日あたり、電話してみようかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

秋雨だ

長袖の人がほとんどでしたね。
一日中、冷たい雨のせいか、プールも夜のピラティスも少ない参加者でした。
アクアで疲れ、スッキリしないふくらはぎに、ライムとプチグレンをココナッツ・オイルで伸ばして擦り込みます。
スタジオに入ってくるメンバーの方々、
「いい香り・・・なに?」

この、ひんやりした空気が好きですね。雨じゃなきゃ、もっといいのにね。
通りがかりの女の子達の話がこぼれてきます。
「夏も本当に終わったね。寒いのダメだなぁ。夏がいいなぁ。・・・・」

そうか、夏を好きな人、たしかに多いよね。
SAYAKAさんもそうですよ。
ひんやりした空気にさらされることの気持ちよさなんて、理解しようがないみたいで、ただ、
「寒い。」です。
「暑い。」の次は、「寒い。」中間が欠如しているのです。

SAYAKAさんといえば、今夜はKUNIチャンの家に泊まりです。
きっと今夜は寝ずの語りでしょうね。
KUNIチャンは、腕によりを掛けた、ビーフシチューを持ってきてくれましたよ。
本格的です。私の”なんちゃって・やっつけ料理”とは、訳が違います。ちゃんとクリーム付ですもん。

我が家のPCは、ちょっと重たげなカウンターの上においています、PCの横には、最近SAYAKAさんが買ってきた、木製の棚があります。色といい、姿といい、なかなかよろしい。カウンターの木の色ともあっています。

日光に住んでいた子供の頃、叔父が木の板を見事な”違い棚に”形作り、すべすべにサンドペーパーをかけ、さらに木目が美しくなるべくニスを塗装したのを、ずーっとみていました。

まったく違うものですが、そんな昔を思い出します。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧