« 引越し | トップページ | 携帯電話 »

2006年8月21日 (月)

渡る風

遊歩道は白幡沼に面しています。
沼は、葦が茂っているせいか、この高温多湿にも関わらず、水からは腐敗臭はしません。
自然の浄化作用なのでしょうね。
釣り糸を垂れる人も多く、「おじいちゃん」の年代の人と、小学生が入り混じっています。

昼間こそ、暑くてヘタリますが、夜、風があると、水を渡る風は、幾分か涼味を帯びています。
タオルケットを蹴飛ばしてしまっていると、ひんやり感じて、またかけなおすのです。

せっかく眠りに入った頃、チビ猫(ココと娘たちは呼ぶ)は、肘や指先にかかってきます。ひどいときは、いきなり耳に前足(娘たちは手と言う)を突っ込みます。
この攻撃は、非常に効果的で、いっきに目が覚めます。

この小憎たらしい猫は、昼間はほとんど寝てすごしています。

私も、近いうちに、このチビギャングへの攻略法を開発しようと考えているところです。
どなたか、猫を”ギャフン”といわせる、笑える方法を御存知の方、ぜひ教えてください。

|

« 引越し | トップページ | 携帯電話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55122/3150459

この記事へのトラックバック一覧です: 渡る風:

« 引越し | トップページ | 携帯電話 »