« 三杯餅を食べながら | トップページ | ロハス・ツアー 3 »

2006年4月15日 (土)

まずは躾から

草加のラストのクラスです。

高校生とおぼしき、2人の女の子。私のクラスへの初参加ですね。
きっと、そうなるだろうな・・・って思っていたとおりになりました。

クラスの前半は、笑いながら、話しながら、スペースをやたらと空けながら・・・・
一昔前なら、スーッと近づいて、

「おしゃべりすんなら、外でしな。」って言ってましたね。

吉田、成長したのか、勝手にやらせておきました。もちろん回りのメンバーは、
「このガキ!!」って波動が出ていましたから、私も、アイ・コンタクトで、
「分かってますよ!」って、見ている人には、目で語りかけます。

中盤からのコンビネーションに入ると、その二人の周りは、ヘンなスペース。
込み合ってきて、これは危ない!

「ねぇ、もうちょっと前に来て、後ろが詰まってるからね。」
・・・動かない二人。
「この辺まで出て。」
・・・動かない二人。
「前に来ないと、後ろの人たちが、動けないんだよ、この辺まで出て。」
ようやく少し前へ・・・フーー。

こういった輩は、なにも若い衆ばかりじゃないですよ。
アクアなんかじゃ、オバサマは喋りながら、途中から入ったり、出たり、節度を疑うような人もいるのですよ。

結局、この二人は、クラスをとても楽しんだようです。
他の皆さんも、まぁ、いつものように、ハイ・タッチでスタジオから送り出しました。

インストラクターは、ビデオやテレビじゃなくて、ライブじゃないですか。
でも、ある人たちは、そこら辺を汲み取れないんでしょうね。
モニターを見ているノリです。

インストラクターは、クラスの前から内容を考えたりしている人もいます。(私はその場その場ですが)そして、クラスの間、いろんなところに”氣”をまわします。

レッスンっていう、一つのサービスプログラムを提供していますが、受け取る側は、軽すぎる受け取り方をしている場合も有るのですよ。
もちろん、これだけインストラクターも数がいますから、いいヤツ、未熟すぎるヤツ、色々です。

私は、エアロビクスであろうと、アクアであろうと、ピラティスであろうと、アロマセラピーであろうと、何を根底に提供したいか・・・・
考えないとね。
えらそうなことを言うつもりはありません。
私の場合は、
ホリスティックをプログラム化し、触れ合う方たちのQOL、オプティマム・ヘルスに何らかの影響を与えたい。

インストラクターを”先生”なんて呼ぶ人もいます。でも”先生”って言葉が当てはまるかな?言っている方も”先生”って意味ではなくて、その言葉を使っているような気がしますよ。

舞踊をしていたときは、”先生”は”先生”でした。
はっきりとした、稽古事でした。
”先生”を恨みもし、憎みもしましたが、先生です。
先生のもつ”何か”に惹かれましたね。それで頑張れた。

さぁ、フィットネス・インストラクターはどうでしょうね??

ヨガ、ピラティスは、エアロビクスのような、サービスプログラムにふさわしいのかな?
内観のエクササイズです。指導力は段違いに高いレベルじゃないとね。

今、ニョキニョキ、ヨガやピラティスのインストラクターが誕生していますが、ふさわしい指導力があるのかな??


さて、我が家での、アロマセラピー講座。今日はKUNIチャン&サッチャンです。
お疲れ気味のKUNIチャン。登場するなり、トリートメントが必要な様子。
予定を変更して、トリートメントの実習に・・・バランシングです。

使う精油は、ラベンダー、フランキンセンス。
やり方は・・・・後日ゆっくり。

最初にサッチャンです。うーん、ちょっと前に、かなり凹む出来事があったようですが、(そういえば、このブログにもこの話題は書き込みました)元気!・・・この人、霊感ありそう。

KUNIチャン。なぜかこぼれる涙。説明できない気持ち。浄化されています。

バランシング・・・・不思議なテクニック。私も”感じる”けれど、説明は出来ません。

お試しになりたい方は、御連絡あれ。

さて、LOHASツアーの準備をしマース。

|

« 三杯餅を食べながら | トップページ | ロハス・ツアー 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55122/1407877

この記事へのトラックバック一覧です: まずは躾から:

« 三杯餅を食べながら | トップページ | ロハス・ツアー 3 »