« che vita! 4月の予定 | トップページ | 期の変わり目 »

2006年3月25日 (土)

我が家のすぐそばに、白幡沼があり、畔を遊歩道がきれいに整備されています。桜並木になっているのですが、そのうちの一つの木が、ほぼ満開になりました。他の木は、つぼみが膨らんできてはいますが、まだ三分咲きにもなっていません。

先ほど、草加のクラブから帰ってきて、車のドアを開けると、風の中に、うっすらと花の香りがします。桜の香り。

どうも、春の花の香りというと、梅を思い浮かべるのです。
梅は、咲いているのに、「目」からより、「鼻」で気づき、ふと顔を上げると、花がある・・・
奥床しい、控えめな花ですね。私はそう感じます。

 

君ならで 誰かに見せん 梅の花 色をも香をも 知る人ぞ知る

桜。

私は高校が角館。下宿をしていました。櫻の街です。
武家屋敷の枝垂桜は有名で、今の時期、東北の桜の名所の観光ポスターを見かけますが、その中に必ずといっていいほど、角館のものがあります。

武家屋敷の櫻、私の高校時代は、まだ今ほど、観光整備がされていませんでしたから、町並みも、ただの古い街。そんな感じでしたね。
それよりも、檜内川の櫻の方が賑わっていました。

田沢湖線で角館から大曲までの間には、小さな駅ばかりです。たしか、鑓見内でしたか・・車窓からこんもりと、お椀を伏せたような、小さな山があります。この山、ほとんどの木が櫻らしく、4月の下旬、北国の櫻の時期には、山全体がうす桃色一色!
一度は行ってみたいと思いながら、いまだ果たせません。


|

« che vita! 4月の予定 | トップページ | 期の変わり目 »

コメント

はじめまして。「角館」で検索してお邪魔しちゃいました。角館の西宮家で、草履を編みながらお客様とおしゃべりしている者です。

そうですね、かつては檜木内川の染井吉野が花見の「本家」でした。地元の人たちが思い思いに弁当を広げて‥。

今では様相が一変です。右を見ても左を見ても観光のお客様ばかり。観光に携わる仕事をしててナンですが、少々の寂しさもあります。

久しぶり?に、桜の角館に帰って来ませんか。

投稿: 草履職人 | 2006年3月25日 (土) 06時37分

草履職人さん。
初めまして。私の実家は、神宮寺です。年に1~2回ほど帰るのですが、そのときは角館にも家族で行きますよ。
最近は、大曲の花火の時期に帰るのですが、雨にたたられることも・・・ 今度帰ったら、立ち寄らせていただいていいですか??私は角高をS51年の卒業生です。かつての古い校舎で何ヶ月か勉強しました。馬術部の連中はかっこよかったですね。
娘達が、秋田が大好きなんです。
これからも宜しく!

投稿: matt | 2006年3月25日 (土) 11時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55122/1155399

この記事へのトラックバック一覧です: :

« che vita! 4月の予定 | トップページ | 期の変わり目 »