2006年10月 5日 (木)

目覚まし

早朝、白々と明ける頃、チビ猫COCOは動き始めます。
SAYAKAさんに抱きかかえられるように眠っていますが、夜明けとともに起き、早速遊びたいのでしょうか?

もぞもぞと、私とSAYAKAさんの間に割り込み、そして、だんだんに頭の方へ上がってきます。

最初は私の髪の毛に前足(手ともいう)を突っ込み、そのうちにかきまわすように、やがてじゃれます。

何回かコイツを振り払い、足元に投げたりしますと、ゴロゴロ喉を鳴らしながら、そのたびに戻ってきます。

息苦しくなるほどの”ゴロゴロ”。ゆっくりと警戒をするかのようにもったいぶって這い上がってくると、今度は前足(手ともいう)で、喉を踏みつけ、両前足(両手ともいう)で、足踏みするような、揉みしだくような動作をしながら、鼻面を私の顔にこすり付けてくるのです。

ああ、寝不足。

あのフランスで、人のたくさん集まる場所(カフェとかでも)禁煙になるんですと!
けっこう道端でも吸っている人、多いよね。

イタリアなんかも、ブティックに入ると、店員が平気でタバコ吸ってたりするからね。最初見たときはビックリ!

「服屋の服に匂いがついていいんかい!」って思っちゃうよね。

吸わない私としては、けっこうなこと・・と思います。
だって、駅の喫煙スペースの近くを通る時も、
「なんで、こいつらの汚した臭い空気を吸わなきゃいけないんだい。」って思わない?

| | コメント (25) | トラックバック (3)

2006年9月30日 (土)

散歩

猫と一緒に夏休みをヨーロッパ旅行・・・
なんて本が出ていました。

コイツはSAYAKAさんに情報を入れねばなりますまい。って、本のタイトルを写メしたのは一昨日。
SAYAKAさんに、立ち読みした内容をちょっとだけ話をすると、夕方、買い物に行ったSAYAKAさんは、リードを買ってきました。
犠牲になるのは・・・・COCOです。

すぐ側の7-11に行く用事があって、早速テストをしてみます。
首ではなくて、肩を包み込むような形のリードです。

COCOを抱きかかえ、二人がかりでリードを付けますが、COCOは口を開けて、前足を(手ともいう)振り回して抵抗します。
青い色のリードはちょっと大きめですが、どうやら抜けることはなさそうです。

いざ行かん!!

ドアを開けると、勢い良くダッシュ!!
そして・・・
フリーズ!!


それでも、SAYAKAさんはリードをちょっと引き上げるようにして、先進を促します。
3メートルくらい進み、その後は、ダラーンと力を抜いて、道に寝そべります。
そのまま進むと、COCOはそのまま雑巾となってしまうでしょう。

仕方なく抱き上げ、最初の散歩は、3メートルという記録。

7-11からの帰りには、この遊歩道の桜の太い枝にのせてみると・・・
コイツは以外、けっこう楽しんでいますね。
爪を立てたり、キョロキョロ見回したり、不安というより好奇心がニョキニョキ。

通りがかりの女性が様子を見て、微笑んでいきましたよ。

涼しくなった夜風に、抱きかかえたCOCOは、心地よい暖かさ。
冬になって、コイツがもうちょっと大人になり、大人しくなったら、一緒に寝てあげることも考えてみましょう。
現時点では、パス!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月29日 (金)

今日の午後、我が家では、トリートメントの実技テスト。

SAYAKAさんがモデルとなり、サッチャンが施術者です。

YUKAちゃんは見学。ノートを用意しています。

私は、PCに向かい、文章を作っていました。

カウンセリングが始まり、SAYAKAさんは、芝居ッ気なく、自分の状態を話しています。
これは、本当にトリートメントを望んでいるんだな。

サッチャンが選んだ精油は、ユーカリ・ラディアータ、サイプレス、ゼラニウム、クラリセージ。
うん?これからヨガのレッスンがあるからネェ、ちょっと鎮静効果が強く出ないかな??

横から、ダメだし。
「クラリセージは、この時間にどうだろうか?それにこれからレッスンだよ。移動は車だし、眠たくなっちゃったらどうする?ちょっとかえてみたらどうかな?」

クラリセージをマージョラムに変えましたが、あなたならどの精油?

YUKAちゃんならどうするかな??

トリートメントが始まりました。

初めて経験しますが、キーを打っていて、トリートメントの音で(ストローク)、

「サッチャン、アブラが少ないんじゃない?シャリシャリ聞こえるよ。」
と、SAYAKAさんも、
「そうだね、もっとたっぷり取った方がいいよ。」

「サッチャン、手のひらもっと密着させて。」

なんて、音で分かるんだね。

それほど気温の高くない午後でしたが、サッチャンは、私という外野からの”ヤジ”もあり、汗びっしょり。

お疲れ様でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木)

TARO君

雨の降り始めた17号線をチャリンコで走っていました。
向こうから、変な格好のヤツが、のっしのっし・・・(ベタだなぁ)と歩いてきます。
大柄な男、鬚面、変な合羽(黄色とグレーと銀)めったに見れるもんじゃありません。

ずーっと近づいてみると・・・・!!
「オー、TAROちゃん!」
「オー、マサトサン!」

コブシをコツンとぶつけあいます。
鬚面のゴツイこの男、笑うと可愛いハワイアン。牧師さんです。よく私のエアロに出てくれていました。
のっしのっしと歩いているには訳があります。TAROちゃん、足が太くって、外また。鼻先に足を出していたら、股ずれしちゃいます。(失礼!)

手ごわいヤツで、コイツの家に一歩は入ったが最後、決して日本語は話させません。どんなにチャランポランになっても。英語じゃないといけないのです。(例外は、トリートメントの時だけ。)
そして、英語を考えさせるの。(まるで、反省会の雰囲気)

「久しぶりだね。何やってんの?」
「歩いてんの。」
そりゃ、見れば分かるってーの・・・・
TAROちゃん、すごい大柄です(太っているんです。)とにかく毎日歩くって決めていたのは知っていましたが、この天気にもやってるなんて、たいしたもんです。

太さは変わりないように見えるのですが、体調はすこぶる良いみたい。
まだ、小学校(インターナショナル・スクール)に行っている、ERIKAちゃんがいますから、健康にはずいぶん気をつけているのです。

別所沼公園を歩いているときも声をかけたことがありました。あの時は冬の寒いお昼時。ホントに頑張ってるんだ・・・

「TAROちゃん、凄い合羽じゃない。」
「うん、ボク大きいから、日本で合うのが無いでしょ。カリフォルニア行ったとき買ってきたんだ。」
「色がダサい!ちっともクールじゃない!」
「言ってくれるやおまへんか。奥さん元気?えーっとSAYA--KA。」
どうも英語を話すクニの人って、サヤカって発音しにくいらしく、SAYA--KAとか、SAYAIKAみたいな音が出てくる。

「うん、元気。NORIKOさんは?」
「ああ、元気、今度また来てよ。」
「行くよ。だけどご飯の前のお祈りはカンベンして。」
「だめだめ、来たらMASATOさんがするの!電話してよ。」
「分かった。『日曜はダメよ!』でしょ!」
「ハッ、ハッ、ハッ、そうそう、土曜は準備、日曜は一番忙しい!」
「じゃぁ、オレ行くよ。これからアクアなんだ。」
「じゃぁね。」

怒鳴りつけるような大声での会話でした。

なぜか日本が好きなTAROちゃん。
ハワイに帰ると、顔の赤みが取れてきれいになっちゃうらしい。浦和あたりの空気もよっぽど汚れてるんだろうな。

一人でチャリンコ漕ぎながら、なぜか笑みがこぼれてしまいます。
アイツ、ホントにいいヤツだよな!
今日は一日、このいい感触を忘れないで過ごしたい!

TARAOちゃん、Thank you!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年9月25日 (月)

掃除

最近、特に力を入れています。
我が家は、自宅でピラティスのセミプライベート・レッスンをしたり、ヨガの養成コースがあったり、アロマセラピーの教室も・・・

ですから、人が来ない日のほうが少ないくらいで、ほぼ毎日、誰かが来ています。

床に寝そべったりしちゃうわけですから、おまけに我が家にはニャンコが複数います。
(白猫4匹、ギャング・ジジとCOCOという、そろそろ子猫を脱するところの2匹)

当然、こいつらの”毛”はたいしたもんで、朝起きて、リビングに降りると、そこここに、ふんわりと、そしてぱらぱらと一面に毛が・・・

なもんで、毎日の掃除が欠かせません。

ハタキがけから始まって、クリーナー、そしてモップで水拭きです。

そんな掃除に過程に、最近もう一つ工程が加わりました。
クリーナーの前に、炒り塩を撒く!
この炒り塩を撒くことで、”磁場”を調整するそうな・・・

当然、そうすると、クリーナー掛けも念入りになるのですが、わずか4回目くらいで気がついたことがあります。

部屋の汚れ方が、ずいぶん少なくなっているような・・・
それに、夕方になっても、それほどの汚れじゃぁないのですよ。

きれいになってくると、次の場所を見つけて、トイレをピカピカにしたり、洗面台を磨いたり、窓ガラスを拭いたり・・・

これが続くといいのですが・・・

とにかく、我が家に来る人たちには、心地よく過ごしてもらいたいですからね。

そうそう、私はアロマセラピーも教えているのですから、精油を使ったハウスケアも。
水拭きをするバケツには、ほんの少しの洗剤と、殺菌力のある精油をポタポタたらします。

タイムだったり、ティートリーだったり、ユーカリも。ですが、最近のお気に入りはペパーミントです。スッキリですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

いい日和

白幡沼の周辺には、小学校、中学校、そして高校まであります。
秋晴れの今日は、「スポーツの秋」に相応しく、朝からそれぞれの学校のグランドからは、運動会の歓声や、どうやら何かの試合でしょうか、応援の声や選手達の声が賑やか。

戸外での競技や応援。きっと焼けますね。

東伏見に向かい、家を出て遊歩道を歩くと、沼の向こう側では、ハンドボールの試合をしている様子。カラフルなユニフォームが動き回っています。

9月も残すところ一週間。フリーのインストラクターは、先週くらいには、各クラブや派遣会社との攻防を終え、10月期からのスケジュールはすべて決まっているはず。
私の場合、昨日でようやく決まって、今日からメンバーへのアナウンスが出来るようになりました。今日はその最初の日。

東伏見のクラブでは、前期で私のクラスは終了するはずでしたが、いろいろありまして、継続が決まったのです。そして今期も決定は、昨日です。
今回は、別クラブとの兼ね合いで、派遣会社のほうへ、預けてしまいました。

結局、アクアの後、1時間半はさんで、ビギナー版のエアロビクスをやることになりました。

やきもきしているメンバーの方もいらっしゃるので、プールサイドに出るなり、会釈をしながら、
「次期も継続です。宜しくお願いします。」って、報告です。

そして、いったん家に戻り、夕方からの浦和でのクラス。
ココは、今日で最後になります。ここが、東伏見との兼ね合いで、無くなるところ。
ちょっと、変わった「ボディー・コンディショニング」を半年間やりました。
今日で最後のアナウンスに、終了後は参加してくれた皆さんが、残念がってくれました。
また代行などで来ることもあるかな・・・

夕飯はSAKIが活躍して、茄子炒め、玉子焼き、餃子を作っていてくれましたよ。
夕飯前に近くのマーケットに買い物に行った帰り、2年前に、一年間、週に一度習っていた、イタリア語の先生とその子供さんにバッタリ!!

「AMIちゃん、すっかりお姉ちゃんだね!!」
年少さんで、人見知りが激しく、それでもなついてくれて、抱き上げて遊んだAMIちゃんは、泣き虫さんでしたが・・・えーー、すっかり大人っぽくなりましたね。

AMIチャンお父さんはベネッツィアの人。マルコ広場のバールで支配人をしていた方。今は、宇都宮のイタリアン・レストランで働いているそうです。
一方、お母さん(私の先生)は、英語・イタリア語・ドイツ語とマルチ・リンガルの明るい方です。

はにかむAMIちゃんと先生とで少し立ち話を・・・
あるとき、イタリア語に関する質問をFAXでしたところ、旦那様から手書きの返信を頂きました。もちろん情け容赦ないイタリア語で。辞書を引き引き、何とか解読。ふーー。

ああ~また勉強したい!!!

| | コメント (20) | トラックバック (1)

2006年9月23日 (土)

上部頚椎調整法

「上部頚椎調整法」ってのを受けてきました。
川口駅から、それほど遠くはない所でしたが、ちょっとばかし分かりにくくて、電話で何回か案内をしてもらって、何とかたどり着いたのです。

問診の後、この調整法の説明を受て、最初にマッサージチェア。最新のメディカル・チェアってヤツですね。馬鹿にしたもんじゃありませんが、手技を期待していたので、少しがっかり。
でも、これは単に背中・腰などを軽くほぐすだけでした。

20分くらいで、マッサージチェアが終わると、触診用のベットに移ります。
名前からして分かるように、第一頚椎・第二頚椎の調整です。
(ちなみに、第一頚椎を『アトラス』、第二頚椎を『アッキス』といいます。素敵な名前ですよね。環椎、軸椎ともいうようです。)

御存知のように脊椎はとんでもない数の神経が通っています。脊椎の中では、第一頚椎と第二頚椎の運動量が大きく、この二つの頚椎の歪みを整えると、神経の圧迫が開放され、体全体の不具合が改善される・・という理屈です。

首筋を触診される、そのタッチが心地よいのですが、右の首筋がひどく痛みます。吐き気を感じるほどの痛さ。(でも、このタッチは頂きたい!)

施術者によると、私のアトラスとアッキスは右に傾いているそうです。

今度は、施術用のベットに移ります。
このベットは、幅が狭く、頭の高さを微妙に調整できます。そこに、左体側を下にして横たわります。体の確度と頭の高さを調整し、右の首筋に圧をかけます。
圧をかけながら、頭の高さを調整し、”カツン”っていう感じのショックを与えたり、緩めたり・・・呼吸と圧のタイミングを取ったり・・・

この治療も20分くらいで終わりましたが、これで終わりじゃなくて、ゆったり出来る一人掛けのソファで休憩です。
波の音が低く流れ、灯かりも落としてある別室です。

体が重たく感じてきます。意識はあるのですが、眠りとの狭間にいる心地よさ・・・・

何人かの人が治療を受けている音や気配は感じます。
気になるような、どうでもいいような・・・・

施術者が私に声をかけて、首筋を触診します。
治療中よりも、はるかに痛みは小さくなっていますが、まだシコリと痛さが・・・

第一頚椎は動いたようですが、第二頚椎が動いていないとのコトです。
入れていただいたお茶を飲みながら説明と注意を聞くと、

「今夜は頭を洗っちゃいけません。お酒もダメ。出来るだけ、穏やかに過ごすこと。出来れば翌日もゆったり過ごしてください。」

休みがめったに取れない私としては、計画的に休みを作って治療に行かなくては・・・
と、私はこの治療をちょっと続けてみる気になっています。

次回の予約を決めることが出来ないので、予定を作り次第の連絡ということになりました。
そして、右の首筋には、やや重い痛さが・・・

明日は、アクアにボディ・コンディショニング・・・ちょっとカンベンしてもらいたいプログラムです。

| | コメント (10) | トラックバック (12)

ほぐしてもらいました。

家のすぐ横手の遊歩道は、金木犀が香ります。

最初は花に気がつきません。
ただ、オレンジのような香りが、風に乗って、うっすらと漂うのに、
「あれ、もう金木犀の時期?」なんて、思うのですが、こんもりと剪定されたその木に、橙色の粉を吹きかけたような花が、少しずつ、濃い緑の葉を侵食していくように見えます。
しばらくは、この香りを楽しめそうですね。

どうもこのところ、膝の調子が今ひとつ。アクアのレッスンは、ちょっとしんどいです。
膝をかばうせいか、腰・大腿部に疲労を強く感じます。

踊っていた昔から、腰を痛めたことは無いのですが、今日の疲労感は、”重・ダルイ”・・・分かります?この感じ。

アクアのクラスの後には、アロマセラピー教室への参加者のうち、2名が、トリートメントのテストをしたのです。

私も、ジャッジで入ったわけですが、モデル役で来てくれたERIちゃんも、我が家のピラティスの参加者ですので、当然のように、お互いに面識があります。
これがちょっと良くなかったカナ。緊張感が無いですね。~~ゴッコになってしまいました。反省です。

アロマセラピーを楽しむのなら、ゴッコでいいのです。
でも、お客様から、お金を頂き、トリートメントなり、精油の使い方なりを案内していく人に成ろうとするなら、知識・技術も多少は抜きん出なくてはね。

それに、アロマセラピーを御案内していくと、すぐに気がつきます。
「アロマセラピーだけじゃダメじゃん!」

そう。ハーブや食・栄養、運動、体の機能的なこと、生理的なこと、精神的なこと、それにホームケアとかまで・・・とにかく色々、色々。

で、尚且つ、スペシャリスト、あるいは、エキスパートを目指さないといけません。
というか、興味が尽きない仕事ですね。

逆を行くと、教えてもらったこと以外の興味が湧かないとしたら、それは、この手の仕事には向いていないのでしょうね。(勉強中の人にはキツイかな?でも、そうなんだ。)

私は、我が家で勉強する人たちには、
『自分でアロマセラピーを考えることが出来る人。』
に、なってもらいたい。

だからかな、私の話は、アチコチに話題が飛んで、どんどんとりとめがなくなっちゃうんです。(テキストからも離れていって・・・アララ・・・)

夕方、遅くなってから、KUNIチャンが来ました。
オーダーしていた精油を取りに来たのです。
私は、夕飯の支度の真っ最中。

精油を渡し、料理をしながらKUNIチャンと話をしていましたが、姿勢を変えるたびに、
「ウー、痛てぇ・・・」 そして、腰をこぶしでドンドン。

それを見ていたKUNIチャン。何回目かには、
「マサト先生、ちょっと寝てみてください。」

いつもなら、
「いいよ、いいよ、大丈夫。」って、軽く断るのですが、今日は、この言葉に甘えることにした!

「悪いね、お願い。ヨガマット敷くよ。」
って、マットにうつ伏せになります。

KUNIチャンは、ちょっと私の身体に触っただけで、
「なんですかこれ!バリバリですよ。」
軽いタッチで触っているはずなのに、うめき声がもれるほど、痛い!

KUNIチャンは競技(レスリング)の現役時代、そして今も、選手の体のメンテナンスで、お互いにマッサージをしたりしていましたから、スゴク身体を知っています。

痛いんだけど、ほぐれていくのが分かる。
極めつけは、最後にやってもらった、ストレッチ。
最初は、PNFかな?って思ったのですが、すごく工夫されていて、気持ちよく伸びる!!
ハムストリングや大殿筋、中殿筋が伸ばされているけれど、同時に腰(胸腰筋幕あたり)も伸びていくのが分かります。

痛気持ちよく、ニンマリしてしまうくらいです。
ちょっと、この”技”は、頂きたいものです。

そんなこんなで、今夜のエアロも無事に終了。
ああ~、寝る前に、もう一度お願いしたいよー!

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年9月21日 (木)

政変

日本じゃ、自民党総裁に若きリーダーが選ばれました。
この人が、総理大臣になるわけですが、大多数の人は、「総理大臣を私達が選んだ」なんて感覚はもてないでしょうね。
自民党の総裁=総理大臣。
自民党の総裁選への選挙権を持つ人は、国民の何パーセントくらいなのでしょう?

さぁ、この国の向かう方向は??

そして、タイではクーデター!
このニュースを聞いて、すぐにHさんへメールを入れました。
Hさんは、チェンマイに隠れ家を持っています。タイへの想いは強いはず。それにタイの情報もきっとパイプを持っていることでしょう。

心配色になったメールに対する返信は、以外に軽く、「ほのぼのクーデター」なんて言葉がちょっとニンマリできます。

それでも、深夜のニュースでは、やはりクーデターって大事だ!って雰囲気のニュースです。報道番組が伝える真実って、なんなんだろう。ドラマチックじゃなきゃニュースにならないのかな?

oOoOoOoOo

今夜は東長崎のクラブで、ピラティスのクラス。
初めてピラティスに参加した、という方から、こんな質問が出ました。

「お腹を小さくするって感じが分からないのですが?」

おー!聞いていてくれたんですね。私の説明!!

さて、エアロビクスやダンス系のインストラクターは、よくレッスン中に「お腹を引き上げて!」って言うでしょ。この言葉の感覚わかりますか?

バレエでもモダンでも、ジャズでも、どんなレッスンでも言われます。そして私も言ってきました。
"Pull up!"とか、"Pull in!"とかも散々いわれてきました。
要は、お腹を薄く、タイトにしめて、しめた分のパワーの方向性を縦方向に強く意識するのですが・・・

インストラクターによって、自分の感覚での言葉を探ります。
クラスを受けるメンバーに、分かりやすく、直截な言葉を探るのです。

そして、このようなニュアンスを伝える私の言葉が、
「お腹を小さくして!」・・・なのです。

実は、この言葉は、私のオリジナルじゃぁありません。
もう、お名前は忘れてしまいましたが、谷桃子先生の御弟子さんだったかと思いますが、私が現役のダンサーとして、色々なレッスンを受けていたときの、基礎的なバレエのクラスでインストラクターをしていた方の言葉です。

これを聞いたときは、ピンピン!そうだよね!って、背筋に電気が走るような衝撃がありました。そうそう、お腹は薄くするだけじゃなくて、サイドも引き締めなくては!!そして、小さく意識したら、パワーを真ん中に集め、末端からは力を抜いてコントロールする!!

物足りなく感じるくらい、動きが小さく感じていて、力も抜けすぎているくらいだけれど、第三者から見ると、いい動きになっているのです。

でもこの感覚って、
「おっ、これだ!★」って思っても、次の日になると、どこかに行っちゃっています。また探すのです。それの連続!

インストラクターは、このような、体感に基づく、「ピカ!」って言葉をいくつかは持っているのです。
また、このような感性が無いヤツは、ろくなインストラクターじゃありませんよ。お気をつけて!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

代行です。

今夜は、登録している派遣会社からの依頼で、日吉のクラブでエアロビクスの代行です。
遠いんですよね。武蔵浦和からだと、たっぷり1時間30分はみないと・・・いえいえ、日吉の駅の近くならいいのですが、駅から徒歩12分ってところかな??

8月中に、エアロビクスとピラティスでも行きましたね。そうだ!ブログにも載せたっけ!
そう、そのクラブです。

本当は、今回の代行について話があったときに、断るつもりだったのです。時間効率が悪すぎますもの。

ほら、インストラクターって商売は、”一本いくら”でしょ。だから、一時間当たりの単価は高く感じられるかもしれません(普通のバイトよりはってこと)
ですが、準備にかかる時間は、まったく加味されませんし、一日に何本も出来る仕事じゃございません。

愚痴でした・・・

とにかく、私はカートを引いて、日吉の駅を出て、クラブに行ったのです。
また、このクラブのスタッフが、遠いトコから代行に来たというのに、感謝も何も無いんだよね。まぁ、そんなもんか・・って、でも、派遣会社の話によると、前回の代行で評判が良くて、ぜひ、吉田さんへ・・・って話らしいんですよ。それにしちゃぁ、そっけない対応。

とにかく、着替えてスタジオに入ります。
前のクラスのインストラクターに会釈をして、CDをセット。ピッチ・コントロールを確認。マイクのセットを確認。(ハウリングするなぁ。エコーが効いてるようです。)

「先生!八月一日以来ですね。」って、声を掛けてくれたのは、前回の代行のときに受けてくれていた、年配の男性。
「えー、覚えていてくれたんですか。今日も宜しくお願いします。」

ちょっと嬉しいじゃないですか。
インストラクターなんて、こんなことで喜んじゃうんですから、ちょっとくすぐって持ち上げリャ、簡単。すぐ張り切っちゃう。(これは吉田だけかもね。)

まぁ、ダンスティックな振りにして、楽しんでもらいました。

日吉駅に向かう道は、来たときとは逆に上り坂。。。。
車の通行料が多いから、ガス臭い!空気悪いなぁ。
運動しても、こんな空気の中に暮していては、低濃度ガス室といっても、あながち間違いじゃないよね。

空気・水・土・・・重要だと思いますよ。これらが綺麗じゃないとね。インストラクターが頑張ったって、元の木阿弥。

武蔵浦和は、少しマシかな??
自宅近くの遊歩道を歩きながら、空を見上げます。昨日の台風の雨と風が空気の中の汚れを拭ってくれたのか、いつもより、星の数が多く、ハッキリと見えるような気がします。家を出るときよりも、涼しく爽やかな風が身体をなぶってくれます。

葦の茂る沼。桜並木の遊歩道。
けっこう、いい場所なんじゃない!

| | コメント (12) | トラックバック (12)

«予定の無い日!